きゃりこんテンツ

きゃりこん.com活動記録 in 水天宮

今回は、東京メトロ日比谷線の水天宮まで行ってきました。
お隣の人形町駅で待ち合わせして、今回お伺いする会社さんまで歩いてみました。

画像5
画像6

大通りに面したところは写真みたいにビルも多い感じなんですけど、1本入ると雰囲気が変わってきます。ちらほら今どきっぽいお店も散見されるんですが、昔からのいい雰囲気のお店もたくさんあって。
いい街ですね。銀座や渋谷、新宿とは違った魅力があります。
今回お話しを伺った社長もおっしゃられていたのですが、とても穏やかな時間が流れていて、治安もとても良いんだそうです。
また、飲食店も豊富で、お店で見ず知らずの方たちとすぐに打ち解けられることがしょっちゅうで、そんなお店をみなさん複数お持ちなんだとか。

お伺いしたのは、物流業界で新たな社会インフラを目指されている
株式会社ラストワンマイルソリューションさん。

もともと佐川急便さんで本社所属の課長としてご活躍されていた方で、起業ありきではあったものの、今の業界が抱える課題を解決すべく立ち上げた会社とのこと。
私の友人が、新卒で佐川急便になんて話をしたところ、研修で講師もやられてたとか!感動的なお話ありがとうございました笑
代表の近藤様とお話しさせていただいたのですが、世の中にネットショッピングが普及して、宅配の数が圧倒的に増えているのに、配達してくれるスタッフがいない、増えないと、物流業界も人財確保がとても難しい状況なのだそう。
そこで、街中の受取りBOXを駅やショッピングモール、はたまた、新聞販売店にも設置していっているそうです。新聞?と思いますよね。聞いてみると、物流の拠点は、大型トラックなどが入ってくることもあり、住宅街からは少し離れたところにある。それでは、受取りに来るのも手間がかかるから、住宅街にある新聞販売店にお願いしたそうで、新聞配達員の方の空き時間(朝刊夕刊の合間)に配達することもしているそうなんです。
荷物って受け取る側からすると、なんだか届いて当たり前になってしまっているかもしれないんですが、こんな形で業界を支えてくれる人たちがいるから今も安心してECサイトで買い物したりできるんですね!

画像6

とても印象的だった話が、野球場のビールの売り子の話。「昔は体育会系な男性が重いビアサーバを担いでやっていた。今では、女の子がやりたい仕事になっていて、アイドルみたいに人気がある売り子さんもいる。運送業界もそんな風に変革の時がきっとくる。」社長の目は本気だ。

画像5

佐川男子なんて言葉も生まれたくらいだからきっと現実になるんだろうな。そう思いました。

「きゃりこん.com」についてもとても興味を持っていただき、人財定着・確保の課題や、業界変革にも役立つサービスだからと協会や知り合いの大きな会社さんにもかけあってくれるとのこと。
これは、もっともっと頑張って、もっともっとスケールさせなきゃ!

訪問後記

今日のランチは、やっぱり人形町界隈に来たんだから、そりゃあ親子丼でしょう!ってことで、玉ひでさんへ。12時半過ぎでしたかね。もちろん並んでますよね。中まで並んでるんですね。
ちょっと次のアポに…間に合わないかも。。
ってことで、そうだハンバーガーにしよう!人形町にはハンバーガーも有名なお店がある。BROZERS’さん!

画像4
画像6

回転が速いからちょっと並んだけど、すんなり入れて、すぐに頂くことができましたよ。美味しかったです!ごちそうさまでした。

※これは、2020年2月18日にnoteにアップした記事を転載しています。