きゃりこんテンツ

【動画】きゃりこん.com導入企業インタビュー

きゃりこん.com導入企業インタビュー動画

初の導入企業インタビュー動画です。きゃりこん.comを導入してくださる企業様が少しずつ増えだしています。
導入下さる企業は、従業員さんたちをとても大切にしているところばかり。従業員を想ってはいるものの、はたして
これでイイのだろうか。ほんとの本音はまたちょっと違ったところにあるのではないか。本当はこの部署ではなく、違う部署を望んでいるのかもしれない。あの人は本当はどこか別の素質があるのではないか。働きやすさを実現するために。色々な想いから導入を決定してくださっています。

そんな中、日本ロードサービス株式会社様が導入企業インタビューの撮影にご協力くださいました。

インタビューを受けてくださったのは、専務取締役 企画営業本部長の筒井様。
とてもざっくばらんに、また、とても気付きのある目線できゃりこん.comを評価してくださっているので、ご検討中の方も、まったく知らなかったけどここに来て下さった方も是非ご覧ください。 

≪きゃりこん.com導入企業インタビュー≫

筒井様:日本ロードサービス株式会社の筒井と申します。我々の会社は社名の通り、ロードサービスをコア事業として展開している会社でございます。困っている方を24時間年中無休のコールセンターで受け付けて、そのトラブルを解決できる事業者さんを手配、コーディネートすると。
今まで、25年間ロードサービス、車のビジネスを中心にして我々事業展開してきました。ただもう100年に1度の変革期と言われているくらい自動車も新しい時代に突入していきます。
今までのビジネスは1つのベースとして、しっかりと基盤として展開していきながら、新しいことにいろいろとチャレンジしていかなきゃいけない。具体的にはですね、それをホームアシスト、家のトラブルのサポートのほうにも展開し、さらにコールセンターのほうも拡大して。
となると、新しい人材、新しいジャンルに挑戦していくために必要な人材というのが、必要になってくるかなという風に思っております。

インタビュアー:御社の人事課題について教えてください。

筒井様:我々はですね、まだまだ人事課題というところで言いますと、何をどういう風にやっていいか。指標すらなかなか無かったというのが実態のところです。オペレーターがたくさんいる会社でございますので、オペレーターのフォローというのも本当に重要なのですが、コロナになってなかなかコミュニケーションが取りずらくなって、フォローするとしてもどうやってフォローしたら良いか分からない。というところでたまたまですね、このサービスを知って、これは従業員、オペレーターのフォローアップに使えるんじゃないかと、活用できるんじゃないかということで導入について検討を進めることになりました。

インタビュアー:サービス導入にあたり期待や不安はありましたか?

筒井様:まず、導入については、きゃりこん.comのサービスを私自身が使わせていただきました。
ホントにですね、性格判断とも、ストレスチェックとも違って本当に新しい自己分析だなという風に思いました。今まで自己分析ツールのようなものは、私個人で言うと何回か経験したことはあるんですけど。良いところも悪いところも、痛いところも含めてかなり的を得ているコメントが出ているのはなかなか無かった。自分自身の納得感というか腹落ち感がここまであるツールというのはホントに初めてで。自分自身の分析結果を見て反省するところもありましたし、(やっぱりそうなんだ)という腹落ちもありましたし。(こういうところをこうしていかなければいけないんだ)あるいは自分自身を顧みるという意味でも活用できるツールだなと。
また、客観的な分析をしているので、管理者としても従業員の気づかない部分に気づけるというところは非常に大きいなと。フォローアップにも非常に友好的だなという風に思いました。
不安なところというのは、特には無かったんですが。あえて言うんであれば、従業員さんがちゃんとやってくれるかなと。面倒くさいということでなかなかやってくれないんじゃないか。という不安は当初ございました。

インタビュアー:実際に使ってみていかがでしたでしょうか。

筒井様:はい。全く不安はございませんでした。従業員からの声としてもですね、非常にテストが分かりやすくて、早くて、且つフィードバックがすぐでてくる。ということで利用しやすいと。従業員もその管理者のほうも、非常に良いという風に声を聞いております。
これは、我々の会社でも、また我々のように人事に対して未熟なメンバーでも有効に活用させていただけるんじゃないかということで導入をさせていただくことになりました。

インタビュアー:きゃりこん.comを今後どのように活用していきたいですか?

筒井様:まず、我々の今の従業員ですね。結構ベテランの社員が多くて、10年以上働いてもらっているオペレーターというのもたくさんいます。彼らがどういう風に管理者になっていくのか。どういう風にこれから下のメンバーですね、配下のメンバーを見ていくのか。という適正。
例えば、チーム編成のマッチング。この人とこの人の相性は良いのか。この人とこの人を組み合わせると面白い。みたいな。そういったマッチングにも使えるのかなという風に思っています。
それから、当然、採用していかなければいけないので、採用の際にですね、このセンターにはこういう人が向いているというのがございます。そこを適性をみて、採用の時にも活用させていただけると非常に良いのかなと。
新しい人たちにも使わせていただき、今いるメンバーにも使わせていただく。
我々の勝手な思い込みで(この人財はこういうところに向いているのではないか)(この仕事をずっとやっているからこの仕事をやってもらおう)というのではなく、じつはこういう仕事のほうが向いていたとか、こういうポテンシャルがあったと。きゃりこん.comを使って1つの物差しと言いますか、拠り所のようなものになって、そこを活かした人事配置であったりとか、適正な組織づくりというのを考えたいなという風に考えております。
人が育つ、人が育っていくというところに非常に役に立つものなんだな。と改めて実感しましたので、このきゃりこん.comを活用させていただきながら、より強い組織になっていくようにこれからも頼っていきたいなという風に思っております。