きゃりこんテンツ

【動画】キャリアコンサルタント対談「西原さん・前編」

キャリコン対談動画「西原さん・前編」

インタビュー動画に続き、対談動画をアップしました。

キャリアコンサルタントの西原さんです。インタビューの記事でも書きましたが、コーチングや、助成金のアドバイザーなどでも活躍中で、京都や名古屋などあちこちからお声がかかる人気キャリコンさんです。

内容は、自己診断ツールである「おもてウラ」について、実際受けてみた感想から始まります。
分析結果を聞いて、びっくりするくらい当たっていたそうで、ものの10分程度「YES、NO」で回答するだけで、あれだけの精度が出るのは今までに無いと大絶賛!

それから、キャリアコンサルタントとしてのSNSでの発信についてチラッとお話しくださり、やっぱり、ありのままの自分を出し続けるのが成功の近道ではないかとお話ししてくれました。

きゃりこん.comがこれからやっていくことにも共感してくださり、大絶賛のおもてウラの講座を受けてくださり、講師としても今後活躍してくれそうです✨

そんな内容になっている動画、10分弱の前編を是非ご覧ください。

≪キャリアコンサルタント対談・前編≫

和気あいあいとした雰囲気の中、新しいツール「おもてウラ」の診断結果で盛り上がった所から本日の対談をお伝えします。

下平:【おもてウラ診断】受けてもらってね、そんな時間もかからないしね。

西原さん:はい。ものの10分で「はい」「いいえ」「はい」「いいえ」って答えるだけで。

下平:色々ね、今まで診断テストを西原さんやったことがあると思うけど、
それで西原さんの感想が使い勝手があんなにシンプルだって思ってなかったとの事でしたが、
結果はいかがでしたか?

西原さん:結果も衝撃的でした。
もう、「あ!見抜かれた」みたいな(笑)
見せたくない所まで見えちゃったかなみたいな。

下平:本当にあれ10分くらいでね。
あれだけ掘り下げられるんで、
やっぱりそれぐらいのツールってなかなかないじゃないですか。

西原さん:私、人事で採用とか研修をしてたんですけど、昔のSPIは採点は大変だし、
分析もそんなに多方面では出来ないので、いまいちだったんですよね。
で、使うのは採用の時だけ。
おもてウラの場合は他に使える場面が実際に働いてる人へと採用時、
それから、これから何か戦略を立てて何か事業しようって時に
チーム割りとか、離職率減らすとか色んな事が出来るので、
多種多様に柔軟に使えるから、会社としてはすごくありがたいと思うんですよね。

下平:あれ自体はね、すごく使いやすいものだと思うし、
後はどちらかというともっとキャリコンさん達のルーキーな人とかまだ経験が浅い人。
で、これちょっと矛盾するんだけど、キャリコンになって結局どれだけ自分で仕事を取れるかっていうのが、
やっぱりまず最初の壁であって、自分の技術を磨くチャンスっていうのが無い人たちにとって、
なかなかそれを伸ばすっていうのもすごくハードル高いじゃないですか。
僕たちが【おもてウラ】を用意したきっかけっていうのは、
あの診断ツールを使ってくれれば、本来国家資格のキャリコン持っている皆さんなら、
きちんと勉強している方たちなんだから、その知識を活かしてより深く掘り下げられる。
おもてウラを使うだけで、本来自分が持っている能力を最大限に活かせる
っていうのが今すごく必要なんじゃないかな。
と思って準備したものだったんですよ。

西原さん:素晴らしい!
キャリコンにとっては救世主のようなツールっていう風に感じるんですよね。
やはり自分の見立てだけで判断するというのは、ある意味危ない面もあるから
だから根拠となる、客観視できる、あの分析されたものっていうのは、
ありがたいと思うんですよね。
ただやっぱり、そう使うにあたってはやはりちゃんとした知識をキャリコンさん達に
ちゃんと勉強していただかないと、正しい使い方をしてもらわないと、
普及した時にちょっとどうなるかなって心配…。

下平:それはね!
なので、きちんときゃりこん.comが【おもてウラ】の講座を用意するので、
全国のキャリコンの皆さんは講座受けていただければ、
それは、しっかりと分析も出来るしちゃんと使えるように用意してます。

【出会ったきっかけ、キャリアコンサルタントの課題感】

下平:そもそも、西原さんと僕がお話した時ってやっぱりそのキャリコンを取ってから
どうやって流行らせたらいいんだ。というか
キャリコンっていう存在を世の中にどう知ってもらったらいいのかっていう
ちょっとそういう相談からだったじゃないですか。僕らが出会ったきっかけって。
そしてそこから色々考えていって、もっと世の中の人たちにキャリコンを知ってもらう事によって、
やっぱりまず「こういう人に相談できるんだよ!」っていうのを
ちゃんと認識してもらって振舞いたいよね。
知ってもらえれば、やっぱりそれだけね、
皆色んなものが自分のキャリアとか不安な将来っていうのが、やっぱり開けてくるでしょ。
で、西原さんは既に色んな方にキャリアカウンセリングやってますけど、
どうですか?やられて個人の方たちって。
やっぱすごく自分のもやもやがこんがらがってる気持ちっていうのがすっきりしたっていう方多くないですか?

西原さん:多いです。
私と出会って色んな事が整理されたり、悶々としていた事がクリアになっていったり、
あと気づいてなかった点が見出されたり。
本来の自分のあるべき…あるべきじゃないな。
「ありたい姿」とか「理想像」っていうものが明確になって
「じゃあどうやってそっちに向かって進んでいけば、自分は幸せになるかっていうのがわかってきました。」って言われてやりがい感じてます。
だから、もっと本当に身近に…普及して、気軽に「ちょっとお茶行きます」ぐらいの感覚。

下平:だよね。普及してもらうようにね、なってほしいからね。

西原さん:そうですね。
例えば、女性とか髪の毛のメンテナンスをしに行くって美容院に行く感覚ぐらいの気軽な、
自分をちょっとメンテしに行くぐらいの感じで受けてもらえたらいいかなとか思いますよね。
今は何かハードルが高いっていうか、まず何かわからない。
キャリアカウンセリングは何かわからない。

下平:そうですよね。イメージが沸かないというか…
だから、そこをどうやってハードルを下げていくかっていうのが、
きゃりこん.comで色んなキャリコンさん皆さん巻き込みながらやっていって
僕らがそこをあきらめないでずっとやり続ける事で、
やっぱり、一般の人たちがキャリコンに相談って、
「あ、こんなに普通に相談すればいいんだ!」とか
まず知ってもらう事がすごい大事だから。
それで、今色んなキャリコンさん達とお会いする機会も多くて、
お話をしているんですけど、面白いくらいにみんな言うのが「1人じゃ限界なんです」って。

西原さん:わかる…

下平:わかるよね!自分で活動してたからね(笑)
本当に皆個々の能力高い人たちが一人一人一生懸命それぞれの土地で
それぞれのやり方であーでもないこーでもないって試行錯誤しながらやっているから
本当に頑張っている人は沢山見てきているんだけども
やっぱり一人じゃ限界があるから、
だったらそれをきゃりこん.comにまずキャリコンさん達みんな集まってもらって、
各々の持っている考えとかやりたい事とかも
独りじゃできないけど、みんなで集まってやれば、やっぱり実現できるし、
まず実現することによって、メッセージって伝えられると思うから、
そこをだからまず実現していかなきゃいけないなと思ってて。

西原さん:仰る通りですね。

下平:ね、ずっと言ってましたもんねこの話題は(笑)

西原さん:言ってましたね(笑)ずっともう1年以上前から…

下平:ですね!やっとここまで来たって感じで、やっと実現してきている。
だから本当に悩んでいるキャリコンさん達もね、
キャリコンさん達の方が悩んでいるって言う所がまずあると思うので、
そこをお互い学び合いながら、手を差し伸べ合いながら、
これがよかったっていうものはどんどんお互い試していって共有していって
やっぱりそこは、キャリコンっていうのがもっと世の中に普及するように活動していきたいですよね。

≪後編へ続く≫