きゃりこんテンツ

【動画】キャリアコンサルタント対談「西原さん・後編」

キャリコン対談動画「西原さん・後編」

先日「キャリアコンサルタント対談」の西原さん・前編をお知らせしました。
おもてウラに興味を持っていただけたようで、反響がありとてもうれしい限りです!
是非話を聞いてみたい!などありましたらお声がけくださいね。

さて、今日は、後編です。
一般的な目線であるのが、「キャリアコンサルタントって聞いたことがあるけど、お仕事紹介してくれる人のことでしょ?転職進められるんじゃないの?」などなど。
キャリアコンサルタントという言葉を聞いたことがあっても、まだまだズレがあったりするのが現状です。

確かに、そのようなお仕事をされているキャリアコンサルタントの方ももちろんいらっしゃいます。
たとえば、人材紹介会社に所属している転職エージェントとしてのキャリコンさんがそれですね。
あとは、ハローワークにいらっしゃるキャリコンさんもそのくくりになると思います。

ですが、キャリアコンサルタントといえば、イコール「お仕事の斡旋」ではないんです。
もちろん絶対やらないってことではなくて、お仕事のことしか相談できないんじゃないか。って思われていたら、それだけじゃないですよって。

そんなお話や、西原さんのキャリコンとしての成り立ちから、考え方、キャリアコンサルタントに相談するとこんなことになるよ。とか、一部事例的なお話を頂いたり、キャリコンあるあるみたいなお話をしていただきました。

≪キャリアコンサルタント対談・後編≫

下平:西原さんってキャリコン取ったのいつなんでしたっけ?

西原さん:えっと2年前だったかな…

下平:ということは、ご活躍されて2年位なわけじゃないですか。
資格を取って最初に困った事ってなんでしたか?

西原さん:私は業務委託先で助成金絡みの事でやっていたので、困ってはないんですけど…

下平:じゃあ割と最初からスムーズに仕事がご縁あって来てたんですね。

西原さん:私の場合はそうですね。
それから自分でSNSとかで告知をして、自分の考えとかやっている事とか
人となりを出していっててお問い合わせが先方からいただける。
っていう風な流れを作っていったので、うまくいったのかもしれません。

下平:やっぱりそこの自分で告知したりとかっていう普及活動が今ある程度出来ているから、
困っているって状況を過去のことにしちゃってるかもしれないけど
でも実際周りで資格とって今も困ってる方いませんか?

西原さん:周りの方は…うん。そうですね。
講座を一緒に受けてた方とかに聞くと困ってらっしゃいます。
「どうやって活かしたらいいかわからない」「集客どうしたらいいかわからない」
「どこでどうやってお金にしていく・マネタイズしていくか」っていう所とか…
だから専業になれないって言うんです。
だから二足のわらじ、三足のわらじでやっていかないと
キャリコンだけでは食べていけない。っていう方がほとんどです。

下平:時代的にね、色んな仕事を持っていくっていうのはキャリア的にありだけど、
今の話はそういう事じゃないもんね。
キャリコンだけやりたいのに、キャリコンだけではやっていけないから
仕方なくって意味だよね。

西原さん:そういう意味です!

下平:そこをだから何としても出来るようにっていうのは、
やっぱり全国のキャリコンにそうなってほしいよね。
でもじゃあそこでどうやって食べていくか。
キャリコンがキャリコンとして成功していくっていうのは、
何が自分の活動を振り返って大事だと思いますか?

西原さん:話が戻りますけど、まず知ってもらう事。
やっぱり自分のこのキャリコンとしての活動とか想いとか
どうなって、どう幸せな社会を作っていくかってことを発信したり、
どう伝えていくか、知ってもらうかって所から始めないと、集客も出来ないし
実際のコンサルティングには結びつかないと思います。

下平:そうだよね。
きゃりこん.comが何を考えているかっていうと、
そこをね、僕がまず1回旗上げて、「きゃりこん.comやりましょう!」って
1回まず皆で集まっちゃおうよって、
で、集まると注目されるから、もっと注目されるようにきゃりこん.comがどんどん活動していくんで。
そこで大事な事っていうのは、まず皆集まろうと。
ここで一致団結をして、キャリコンとして皆さんのお役に立てる事があるんだっていうのを発信していこうと。
それで僕たちの所にどんどんきゃりこん.comに登録していただければ、
我々が順次皆さんに…今日は西原さんにお越しいただいたけど、
他のキャリコンさんの事もどんどんフォーカスしていって、
一人一人の良い所をこうやって今日みたいに対談させてもらって
どんどん発信していきたいなと思うし、
色んなイベントもね、今後コロナの影響もあるので
詳細は状況を見ながら考えていきますけど、
やっぱり、もっとキャリコンさん達を知る場っていうのは、
きゃりこん.comは沢山作っていくので、そこが大事な事なのかなって。
あとは情報共有大事だよね。

西原さん:そこですね。学びの場っていうのが資格取ったら友達ともそれぞれの生活に入っちゃうので、
共有する事が出来ないんですよね。個々になってしまって。
だから本当に切磋琢磨してさらに学びを深める場っていうのが、
きゃりこん.comにあるといいなって。

下平:なんか面白いなと思うんですけど、
キャリコンの方たちってキャリコン同士敵対しないよね。

西原さん:しないですね。

下平:キャリコンの皆さんに話を聞いてると、
冷静にいち経営者として僕なんか考えると、
ライバル同士じゃん。厳密にいうと。
なのに、キャリコンって「あ、あなたもキャリコン?」「あなたもキャリコン?」って
わかった途端にすごい意気投合するからすごい面白いんですよね。
それで次どんなアクション起こすかっていうと、
お互いが経験したことや知識を話し合って、
お互いがより上に行こうっていうあの反応ってすごいキャリコンならではだな~ってすごい思ってて…
あれ面白いですよね。

西原さん:そういう意識の高い方々がキャリアコンサルタントさんは多いと思います。

下平:だって弁護士なんてそんなことならないでしょって(笑)
もっとバチバチするから(笑)

西原さん:バチバチしますよね(笑)
たたき合ってつぶし合うみたいな(笑)

下平:だからキャリコンだけだな~ってあれは。
キャリコンがやっぱりね、傾聴っていう基本的な部分が根幹にあるじゃないですか。
だから、そのキャリコン同士お互いの話をきちんと聞いて、
さらに共有して、自分たちがもっとキャリコンを普及させたいって思いが各々にそれなりにやっぱりね、
大なり小なり持っているから
だから、そこで削り合うんじゃなくて高め合うんだよね。

西原さん:「一緒に高め合おうよ」っていうのが根付いてるんですよね。

下平:ですよね!本当この1年2年で色んな方とお会いして、
すごい面白い人達だな~って思いました。

西原さん:なので、感じるのは、競争・食い合うとかではなくって、共存・共栄みたいな感覚です。

下平:だから取って食うとかもなければ、
変な話、一般の人の先入観で転職を進められるんじゃないか。
ってイメージがどうしても強くて、普通の人って仕事で悩んだら、
ハローワークか紹介会社しかないんですよ。
ってことはそういう場に行くとイコールお仕事の斡旋ありきなんだよね。
だけど、そうじゃなくてキャリアコンサルタントはまず話を聞くんだよね。
その人のこんがらがっちゃったその紐を解いていって
「本当は何がしたかったんだろう」とか
「今何で何で悩んでいる・困っているんだろう」とか、そこを分析していくんだもんね。

西原さん:だから仕事だけじゃないんです。
人生には色んな要素があって、仕事・人間関係・お金もあるし、健康もある。
そういった要素が色々あるんだけど、
それをキャリアだけじゃなくて相談していただけたらいいなってもっと気軽にね。

下平:そうだよね。
だから僕たちがキャリコンに相談して下さい。
気軽にもっとくありコンにスダンしてって言っているのは、
ひょっとすると「転職する気ないんです。」ってそのずれが一般の方とあるかもしれないから
そこもちゃんと発信していって、「いや、そうじゃないんだ」って
それをだから色んな全国のキャリコンさん達と集まって
その土地その土地の人たちの情報もどんどん発信していって
やっぱそれを普及させていくっていうのが、本当に大事な事だと思うし…

西原さん:今後どう生きていこうとか人生のデザイン・設計をこれからもう一回やり直そうとか
っていうような事が出来るんですよね。

下平:で、西原さんはすでに色んな地方からお申込み来てね、
結構出張行ってやってますよね。

西原さん:はい。京都とか名古屋とか行かせてもらってます。

下平:その相談の内容って、やっぱり圧倒的に多いのは人生の相談ですか?

西原さん:私の場合はそうですね。仕事も含めたって感じで。

下平:そうだよね。人生の歩み方だよね、きっと。

西原さん:人生これからどういったら、
自分が納得して理想的に輝いて楽しく幸せに暮らせるだろうかっていうのは、悶々としているんですよ。
「こんな事やりたくないのにやってるな」とか
「でも家庭のために働かなきゃいけないし」とか
「あと健康も…介護があるし」とか
なんだなんだとか色々ごちゃごちゃして、いっぱいいっぱいになっている方が多いですね。
じゃあ、あなたは一旦整理して何が必要でどういった方向に向かっていけば、
あなたは満足して幸せなの?って所から考えていく。
っていうことが多いですかね。

下平:だからそのきっかけにやっぱり確実になってるわけでしょ。

西原さん:はい。例えばそのジョブカードを作りに行った。にしても、
本当にそれだけなのに、もう人生の話になってますもんね。
泣き出したりしてしまって…感動してくれたり。
だから実はそこじゃなかったりするんですよ。問題点って。
自分の悩みはここだって思ってた仕事で転職しようって。
本当のコアの「あ~自分の悩みだ」とか思い込んでたりするんだけど、
話していく内に「あれ?あれ?あれ?」みたいな、
「わかった!私こっちだったんだ!これすれば私幸せ!」みたいな風にわかってくると足取り軽く進めていく。
っていう風になっていらっしゃいます。

下平:やっぱりプロに相談すればそれだけすっきりするってことでしょ。

西原さん:それはそうですね。

下平:だからその人生の悩みっていうのをプロに相談するっていうのが、
どこなんだっていうのが結局そんなのせいぜい良い所が友人とか線@愛とかってなっちゃってる所だもんね。

西原さん:そうですね。身近な人ですね。

下平:そこに「キャリコンが相談乗るよ」っていう風な認識を作っていく。

西原さん:専門家とかプロ視点からっていうのも取り入れると、
自分の人生がもっと豊かになると思います。

下平:そうだよね。だからこういう事例の話ちょっとするだけでも、
見えてくるものがあるから、
キャリコンさんはお互いにその話していった方が良いよね。
今後きゃりこん.comは色々やらなきゃいけない事いっぱいあるけど、
とにかくまずキャリコンさん達と共に
「こうしてほしい、あーしてほしい」も大歓迎だし、
逆に「私これやりたい」とか「こんな事やりたいんです」っていう方も
どしどし応募・ご相談していただければ、沢山やりますので
全国の国家資格キャリアコンサルタントを持ってる皆さん、まずご連絡下さい。
で、とにかくキャリコンを盛り上げていこうと。
世の中に…この人生100年時代長いですからね。
どう生きていくんだ、だれもそんな時代生きてないんだから
そのアドバイスするためにキャリコンが役に立つ。
こんな社会になってるんでね。
是非皆さんのご協力もお待ちしております。
引き続きね、西原さんも頑張っていきましょう。我々も。
よろしくお願いいたします。

西原さん:よろしくお願いいたします。

下平:それでは、今日はありがとうございました。

西原さん:ありがとうございました。