きゃりこんテンツ

【動画】キャリアコンサルタント対談「稲毛さん・後編」

整理収納アドバイザーでもあるキャリアコンサルタント稲毛さんの対談動画の後編のお知らせです。

のっけから名言が飛び出しますが、最後のおまけ動画にもとても響くお話が聞けたので、おまけとして載せさせていただきました。
ちょっと悩んだとき、悩んでて答えがなかなか見つからないとき、その道のプロに聞くことでとっても近道になります。要領の良い方ってそういうことがとても上手なんだそう。
稲毛さんも悩まれた時期があって、もしその時にキャリアコンサルタントに会っていたら。などもお話頂きました。

おまけの話は、整理する意味みたいなことも気付きを得られる感じだったので必見です。
整理に悩んだら是非稲毛さんに頼ってみてはいかがでしょうか。

≪キャリアコンサルタント対談・後編≫

稲毛さん:私はどちらかというと、
日常が人生を作っていると思っているので、
日常をやっぱり快適にしていくこと、今の目の前の問題をクリアにしていくこと、
やっぱりそれの積み重ねで未来って作られていくので…。

下平:本当そう!本当に積み重ねで、いきなり未来って出来ませんもんね。
深いですね…日常の積み重ねですよね。
だから毎日をちょっとずつより良くするって所は、
整理収納の部分にもキャリコンの部分にも通ずる所ありますよね。

稲毛さん:ありますね。なので、お片付けのコンサルティングをしていても、
最終的には人生についてのお悩みの話になっていたりとか、人間関係についてのお悩みだったりとかするので、
やっぱり繋がっているなというのは日々感じます。

下平: そうですよね。だから僕こうして稲毛さんとお話させていただいてて思ったんですが、
人生で何か困った時その場面その場面で、その時必要としているプロに話を聞くっていう事って大事ですよね。

稲毛さん:大事だと思います。

下平: そうですよね!だって、整理収納アドバイザーに聞いてこそ、
あれだけ整理出来なかった人が整理が出来て同じ空間なのに生活がより良くなっていく。
だったら人生の悩みとか、キャリアの悩みもキャリアコンサルタントに相談してそのモヤモヤを取るっていうのが、
絶対人生の近道だと思うんです。

稲毛さん:仰る通りですね。

下平: そうですよね!本当そう思うんです。
結構うまい事人生生きてるって言われがちな人いるじゃないですか。
「あいつはうまくやってくな…」みたいな。
あーゆー人って、知識の習得が早いだけなんですよ。
プロに聞いた方が良いとかそういうことをちゃんとわかってるから、
すごく効率が良いというか、得意な人に教われば吸収力が違いますよね。

稲毛さん:はい。違いますね。

下平: そうですよね。そういうキャリアコンサルタントの人たち色んな方がいますから、
キャリコンの味比べじゃないけど、色んな方のお話をどんどん聞いて、
僕自身も色んな方のアドバイスいただいてるので。
だから皆さんもそういう風にしていただいて、とにかくキャリコンさんに触れあうっていうことを日常化してほしいなって。
そんな大層な事ではないじゃないですか。

稲毛さん:そうなんですよね。

下平: 悩んでるなら私の所来てくれたら…って思いませんか?


稲毛さん:そうですね。私自身も元々キャリアの事で悩んでいた経験があって、その時も誰に相談していいかわからず、
独りで悶々としていた時間があったので、
同じように悩んでいる方に、このキャリアコンサルティングっていう手法を知っていただいて、
自分の悩みがもうちょっと早く解消できるようになったら良いかなと思ってます。

下平: そうですよね。
だって早く解決出来たら、その分だけ自分の人生早くより良くなるじゃないですか。
悩んでる期間なんて短ければ短い方が良いので稲毛さんに相談する事で「短くなりますよ」と。
自分の時も辛い思いして、悩んでいた時期があったって言ってたじゃないですか。
もしその時にキャリコンっていう存在が身近にあったら振り返ってみてどうですか?
多分違ったと思いませんか?

稲毛さん:そうですね。わからないけど、もしかしたら違う未来だったかもしれないなって。
もちろん私自身もありますし、私自身も一緒に働いている方が離れていくというか、
退職していくことを長い間見てきたので、
もっと私がこの手法をキャリアコンサルティングを早く習得していたら辞める以外の選択肢、
本来のなんていうのかな、理由をしっかり聞きながら、辞める以外の選択肢を提供できたのかな。
というのは思いますね。

下平: 辛い状況に追い込まれちゃうと本来はこの部分で悩んでたのに、
その悩みが色んなものを巻き込んで本来悩んでいた根本の部分がわからなくなったりするんですよね。
例えば、本来お仕事の事で悩んでたのに、いつの間にか相談相手がいない事もしくは、
あの先輩に話したら余計変な事になっちゃったとか、
余計なことがモヤモヤ付いてきて、結局退職になっちゃうケースだってあるし、
もっと言えば、もうお仕事っていうのがちょっとツラいっていう状況になっちゃうことも。
あると思うんですけども、でも、もうピンポイントの本質をキャリコンの皆さんってお話を聞いて、
それが出来るってすごい事だなって思って。
だってそこがわかってやっとこのもやもやの原因がわかった、
「あ、他の気持ちっていうのはそこにいつの間にかくっついていたものだったんだな」っていうケースもありますよね。

稲毛さん:はい。やっぱり皆さんが最初に第一声で話した、
悩んでいるご相談の訴えたい事って本当に訴えたい事と違ったりするケースがやっぱりたくさんあります。
表面的な部分だけではなくて、本当の本質っていうところまでを一緒にお手伝いできるんですよね。


下平: あと、個人的にすごく思っているのは、女性のキャリアコンサルタントって、
本当に社会から必要とされていると思うんです。
やっぱり女性が相談するのって女性相手の方が話しやすいとかあるじゃないですか。
女性の視点だからこその気づきもありますよね。
やっぱりなんだかんだ言って、女性のことは女性にしかわからない一部の部分ってあると思うんです。
だからこそ、女性のキャリコンって絶対的に必要なのかなって。
もちろん、男性が女性のキャリコンに話しやすいってケースもあると思うんですけどね。

稲毛さん:はい。あると思います。

下平: だからやっぱり女性のキャリコンの必要性っていうのは、
稲毛さんもご自身で体感していると思うので、是非是非もっと世の中の女性キャリコンさんたちにも、
私たちきゃりこん.comからもそうですし、稲毛さんもどんどん発信していっていただいて一緒にキャリコン業界を盛り上げていきたいですね。
是非僕も陰ながら応援するので。

稲毛さん:いやいや表で(笑)陰じゃなく表でお願いします(笑)

下平: 引き続ききゃりこん.comよろしくお願いします。

稲毛さん:こちらこそよろしくお願いします。

下平: 本日はどうもありがとうございました。